【グラブル】ディレクターレター Vol.3・・・夏までにシングルバトル×6とマルチバトル×8を実装予定(六竜以外だと新規マルチ2つ?)、複数キャラが活躍できる新イベントを夏以降に公開予定など

ディレクターの福原です。

こうして公式ブログで筆を執るのも、昨年1月7日の『ディレクターレター Vol.2』以来となり、実に丸一年ぶりとなります。
運営も7年目に差し掛かりコンテンツの量も増えたため、よりゲームを便利に楽しく遊べるように…といった細かなアップデートが増えてきました。それにあたり、ひとつひとつの実装意図などをなるべく伝えるようにするのが昨今は重要なのだな、と感じています。
とはいえゲーム内お知らせや、ありえないですがTwitterなどでその意図を毎回つらつらと書くというワケにもいきませんので、生放送やフェスのトークステージでなるべく伝えたいことは喋るようにしてきた2019年でした。

ということで、2020年の展望について、現時点でお話しできる点についてお伝えしたいと思います。



ディレクターレター Vol.3内容

「グランブルーファンタジー」について

【長期運営のゲームが抱く宿命】
・長い年月に渡って運営が続き、コンテンツが増加に比例して『肥大化したリソース(アイテム等)の処理』を『プレイヤーに負担させ、時間を奪ってしまう』という課題がある
・グラブルの場合、コンテンツの難易度などが加味された意図的なもの以外では、過去に登場した武器の”完全上位互換”のようなものはなるべく(当然、全ては無理)登場しないよう気をつけているが、それが災いして『捨てられない』問題が大きくなりつつある
・『武器を追加しない』『上位互換の武器をどんどん追加する』という舵取りで解決できるかもしれないが、武器の追加バランス等の方針は従来から変えるつもりはない
・グラブルは『武器を鍛えて強くなるゲーム』なので、強くなる過程をよりわかりやすくすれば自ずと解消できると考えている
・これから先もより多くの方に快適に遊んでいただくには『正解(最適編成とでもいいますか)への道筋をゲーム内で明瞭に、簡潔に提示する』といった仕組みが必要

●「遊び方ガイド」の拡張
・「編成サンプル」「装備探し」の機能を拡張しつつ、編成画面とも機能的な紐づけをし純粋にもっと利用しやすくする
・目的とする編成を可視化させることで、不要な武器はどれか… という判断の補助ができればと考えている
※遊び方ガイドはこの他にも多数の機能追加のアップデートを行う計画がある

●編成画面における各種機能の改修
・「おまかせ編成」がざっくりしすぎているので、全面的に機能を改修(リストの「絞り込み」のように細かく条件を指定するものを予定)
・武器入れ替え時に『何を伸ばしたいか』を選択することで、最適な武器をリスト上からピックアップできるような機能も追加(与ダメージか、HPか、クリティカルか… など重視したい項目を選ぶと、リスト上の武器が絞られるイメージ)
・メインメンバーとサブメンバーの入れ替え、順番替えを楽に行う機能
・クエスト開始前などにキャラ詳細画面に入った際の戻りづらさの解消

●リストの整頓機能の拡張
具体的な内容は未定ですが『不要な武器の選定』をなんらかの形で行うものを実現したいと考えている

これらのアップデートはどちらかというと新規向けなので、既存のプレイヤーにとってはあまり意味がないかもしれません。

便利アップデート以外は?

2020年は現時点で夏までの間に
・シングルバトル×6
・マルチバトル×8
の追加を予定

・夏以降は「新イベント」「アーカルムの転世 レプリカルド・サンドボックス」が公開予定
・「新イベント」は期間設定された定期開催のタイプ
・「レプリカルド・サンドボックス」は、現アーカルムのEXTREME以降のストーリーが楽しめるものとなっており、常設タイプのコンテンツ

【複数キャラ活躍の場の創出】
ブレグラはブレグラで発展させつつ、「新イベント」ではまた異なる形で多数のキャラを編成できるものを考えている

六竜でシングルバトルとマルチバトル6づつになるので他の新規マルチバトルは2つ実装ということになります。
新イベントは夏以降とかなり先の話になりますがブレグラとは違った複数キャラが活躍するイベントということで楽しみです。

シナリオイベントについて

https://youtu.be/14FgNEuX2GY

今月末のシナリオは「組織」の話で、組織、月、そして”敵”…それぞれの陣営がいよいよ大きく動き、ゼタの最終上限解放ともリンクしている

来月2月末は6周年記念イベントということで、十天衆をメインに据えた話で、「六」周年ということで主役はシス
シスがメインではありますが、全体としてはあくまで「十天衆の話」で、単発のストーリー(7周年でシエテ主役とかはなし)

「グランブルーファンタジー Relink」について

https://youtu.be/4Zy11T0qxY0


開発は順調に進行して発売に向けた目途は立っていますが、まだ少し先になるため細かな情報の露出は今しばらくお待ちいただきたい

「グランブルーファンタジー ヴァーサス(GBVS)」について

【RPGモードについて】
・育成システムは武器10本装備というグラブル原作を踏襲している
・育成システム自体は「アクション操作が本当に苦手」な方向けの救済措置でもあるため、ボスなどにどうしても勝てなくなった時にステータスをブーストしてもらえれば勝ちやすくなるというもの(武器以外に、キャラクターのLvを上げてもステータスは上昇)
・ある程度アクションゲームを嗜んでいる方であれば、一切武器を編成しなくてもそれなりに楽にエンディングまで進められる
・RPGといえばストーリーですが、格闘ゲーム的なある種”様式美”的なノリは継承しつつ、グラブルとしても興味深い内容で、平たく言って「パラレル」な世界線となっている

【連動特典】


・「キャラクターパス1」以降のDLCにも特典は付属する予定

GBVSはパッド操作に最適化されたシステム、キーアサインになっているので、PS4のコントローラでプレイしていただいて全く問題ない(アーケードスティック非推奨という意味ではない)

以上です。
今年もグランブルーファンタジーシリーズをよろしくお願いいたします。

「グランブルーファンタジー」
ディレクター

福原哲也