【グラブル】流行りのメカニック全体ポンバ スキン変更での1アビ演出時間短縮検証

メカニックは非AT時エナジーマニューバの全体ポンバ古戦場EX+ワンキルを筆頭にかなり使われてますが、ちょっと前にスキン変更で1アビのアビ演出時間が短縮できることがツイッターで話題になっていたので検証してみました。
ビィぐるみスキンだけ持っていないので、スキンなし、レーシングスーツ、グラン&ジータ、グラン&ジータ(水着Ver.)での比較となります。

どこからどこまでが1アビのアビ演出かというのは分かりづらいので、1アビ2アビと使ってアビボタンを押して1アビのボタンが反応してから2アビの奥義ゲージアップ演出が出るまでの時間で比較しています。
動画編集ソフトでスキンごとに動画をコマ単位で確認して動画を切り取って動画の長さで時間を割り出してます。



メカニック1アビ演出時間比較

スキンなし


6.10秒

まずはスキンなしのメカニックからです。

レーシングスーツ


5.50秒

レーシングスーツスキンは先月の復刻イベ「プラチナ・スカイ」のイベント報酬で取れたスキンです。

グラン&ジータ


5.63秒

グラン&ジータスキンはアニブル6巻のシリアルコード特典で手に入るスキンです。

グラン&ジータ(水着Ver.)


5.07秒

グラン&ジータ(水着Ver.)はアニブル7巻のシリアルコード特典で手に入るスキンです。
このスキンが圧倒的に早いですね。

結果まとめ

スキンなし 6.10秒
レーシングスーツ 5.50秒
グラン&ジータ 5.63秒
グラン&ジータ(水着Ver.) 5.07秒

グラン&ジータ(水着Ver.)スキンが最もアビ演出時間短縮されており、スキンなしより1秒以上短縮となります。
イベントで手に入ったレーシングスーツでも0.6秒ほど短縮されるので持っている方はスキン変更した方が良さそうです。

スキンなしとグラン&ジータ(水着Ver.)の動画を並べると違いが一目瞭然ですね。

スポンサーリンク

フォローする