【グラブル】新EXⅡジョブ「剣豪」の性能・評価 自己強化型でメインジョブの運用は難しく、刀職としてはグローリーの方が良さそう

2018/5/17(木)18:45のアップデートで新EXジョブ「剣豪」が実装されました。

メインクエスト63章をクリアでアマルティア島に出現するフリークエスト「誰が為に剣を在る」をクリアすることで剣豪取得に必要な称号「刀によりて生きる者」を取ることができます。

他に侍専用英雄武器「天叢雲剣」を属性変更までしておく必要があります。
ジョブの取得自体にも侍の証20必要なので侍の証は合計60必要になります。

侍の証は共闘のパンデモニウム3-4のディアボロスか4-3のゼピュロスで集めるのが効率良いです。
どちらの方がいいかとなると、3-4の方が落とす証の種類が少ない分、侍の証ドロップ率は高いかもしれません。

「剣豪」の性能・評価

「剣豪」の性能

◆アビリティ◆
剣禅一如 自分に特殊強化(DA100%/TA30%)/クリティカル確率UP(ダメージ倍率50%)
◆特殊強化は被ダメージまで効果継続
使用間隔:5ターン 効果時間:3ターン
◆リミットアビリティ◆
大鷲返し カウンター効果(回避・被ダメージ/2回)  
使用間隔:6ターン 効果時間:2ターン
烈刀一閃 敵に自属性ダメージ/自分の奥義性能UP(奥義ダメUP100%/奥義ダメ上限UP20%)
◆奥義ゲージを60%消費  
使用間隔:6ターン 効果時間:3ターン
無明斬 効果中ターン進行時に攻撃行動を3回行う
◆奥義ゲージを40%消費  
使用間隔:7ターン 効果時間:1ターン

◆サポートアビリティ◆
心空 奥義ゲージの最大値が増加 (増加量100%)
雲耀 奥義発動時自分に雲耀効果(雲耀Lvに応じて攻撃性能UP/奥義ダメージUP)  
◆雲耀Lv1につき攻撃(攻刃枠)UP10%/奥義ダメUP10%で最大で5Lvまで上昇 

Lvアップボーナス 攻撃力+3000
自HP+1000
通常攻撃時奥義ゲージ上昇+1
マスターボーナス メイン武器が刀の時、メイン武器の攻撃力UP+3%

「剣豪」の評価

バフやデバフ系のアビリティがなく、ひたすら自己強化、特に奥義に特化しています。
刀や弓に強い奥義効果が付いた武器がないのもあって現状だと剣豪をメインジョブとして運用するのは難しいと思います。
武器次第では剣神や共鳴で強いバフが掛かるグローリーと比べてどうしても見劣りしてしまいますね。

覚醒四天奥義効果を持つ最終カトルがいる水なら何とか運用できそうという感じでしょうか。
少ないとは思いますが、特にリヴァマグ装備の方だとエウロペ琴を入れて運用していると思うので剣豪を使うのも有りだと思います。

烈刀一閃の3回攻撃行動を使うと条件さえ揃えば主人公1人5回奥義でオーバーチェインという面白い使い方もあります。
開幕奥義ゲージ200%が必要で現状だとカツオ4凸がある水限定+武器も侍専用英雄武器「天叢雲剣」(無明にしてしまうと不可能になるので注意)か「覚醒八命切」必須+アルタイルとリルルが必須と条件が厳しい上にアビポチ数からしてあまり実用的ではないですけどね。
他心陣で奥義ゲージ200%まで上げることができるようになれば他の属性でもできなくは無さそうなんですが・・・。

刀や弓に奥義効果が優秀な武器がこないとメインジョブとしての運用は難しいですし、マスターボーナスも強くないので、証が足りない方などは急いで取る必要はないと思います。

スポンサーリンク

フォローする